ウォーター・フロント

パイクプレイス・マーケット内にある長い階段を降りると、カラフルな建物が並ぶにぎやかな通り、 ウォーター・フロントに出ます。
海に面してせり出したピアと呼ばれる桟橋には、ピュージェット・サウンド / Puget Sound(ピュージェット湾)に浮かぶ島々を往復する ワシントン州フェリーの発着所(ピア52)やシアトル〜カナダ間を結ぶフェリー、ヴィクトリア・クリッパーの発着所(ピア69)などがあります。 シアトルの水の玄関口となっているエリアですが、有名なシーフード・レストランやユニークなギフトショップが軒をつらね、人気の観光スポットにもなっています。

ウォーター・フロントウォーター・フロントウォーター・フロント


シアトル水族館 / Seattle Aquarium
1483 Alaskan Way (Pier 59)
Seattle, WA 98101
206-386-4300
http://www.seattleaquarium.org
ピア59にあるこの水族館は、1977年のオープン以来、観光客のみならず学校の社会科見学にも頻繁に利用されるなど、地元民を含む多くの人々が訪れている人気のスポットです。 ここでの目玉は何といっても入ってすぐのところにあるウィンドウ・オン・ワシントン・ウォーターズ / Window on Washington Waters。 縦約6メートル、横約12メートルの巨大水槽の中に漂う、ピュージェット・サウンドや太平洋に生息する800匹以上の海の生物を見ることができます。
ほかには、巨大ミズダコの餌やりを間近で見ることができるコーナーや、360度水に囲まれたドーム型水槽アンダーウォーター・ドーム / Underwater Domeも人気。 ヒトデやヤドカリなどに触れられるタッチ・プール / Touch Poolなどの見るだけでなく体感できるセクションもあるので、大人も子どもも飽きることなく楽しめるのではないかと思います。
館内には、定番のキーホルダーやTシャツ、かわいらしいぬいぐるみなどが手に入るギフトショップや、スナックから食事まで楽しめるカフェも併設されています。

<開館時間>※夏季や冬季は時間が変わることがあります。
毎日午前9時30分〜午後5時

<入場料金>
大人$22.95
65歳以上、障がい者$20.95
4〜12歳$15.95
3歳以下無料

シアトル水族館


アーゴシー・クルーズ / Argosy Cruises
1101 Alaskan Way(Pier 55 Suite 201)
Seattle, WA 98101
206-622-8687
http://www.argosycruises.com
シアトル・ハーバー・クルーズ・ツアー / Seattle Harbor Cruise Tourは、フェリーに乗ってエリオット・ベイを一周する約1時間のツアー。 ダウンタウンのビル群やスペース・ニードルはもちろん、 晴れていれば遠くのオリンピック半島の山々まで見えます。
アーゴシーはこのほかにも、ユニオン湖とワシントン湖を一周するシアトル・レイクス・クルーズ・ツアー / Seattle Lakes Cruise Tour(所要時間約2時間)や、 チッテンデン閘門を見学できるロックス・クルーズ・ツアー / Locks Cruise Tour(所要時間約2時間半)、 チーフ・シールス(GENERAL INFORMATION参照)の生誕の地であるブレイク島 / Blake Islandを訪れて ネイティヴ・アメリカンの文化に触れることができるティリカム・ヴィレッジ・ツアー / Tillicum Village Tour(所要時間約4時間)など、さまざまなツアーを扱っています。 それぞれ料金やスケジュールが異なりますから、上記の公式サイトまたは観光案内所などで手に入るパンフレットで確認してください。


<運行時間>
時期によって異なりますので、公式サイトや窓口で確認してください。

<料金>※下記はシアトル・ハーバー・ツアーのものです。
大人$23.75
65歳以上$21
4歳〜12歳$12
3歳以下無料

前述のシアトル水族館と、ハーバー・ツアーが一緒になったチケットがあります。

<料金>
大人 $40
4歳〜12歳$25
3歳以下無料

この看板が目印船上からの眺め


大観覧車 / The Seattle Great Wheel
1301 Alaskan Way (Pier 57)
Seattle, WA 98101
206-623-8607
http://seattlegreatwheel.com
2012年、ピア57にオープンした約53メートルの高さの観覧車。ゴンドラは全部で42個あり、うち41個は8名収容、残りのひとつは VIPキャビンと呼ばれている観覧車にしては贅沢なつくりのゴンドラで、こちらは4名収容。
チケットを購入→フォト・ブースの前で写真撮影(後ほど観覧車と合成し、降車後購入できるようになっている)→乗車、という流れになっています。 乗車時間は12〜20分程度。というのも、ゆっくりと回っているゴンドラに乗り込むのではなく、すべてのゴンドラを一旦停車させ、5台のゴンドラにお客さんを乗せて動かし、 また別の5台に乗せ…以下繰り返し、すべてのゴンドラがうまったら改めて回す、という方法のようなので、その時の状況によって所要時間が異なるみたいです。 乗り込む際には完全に止まっているので、慌てなくてすむのが利点ですが、自分が乗ってから何度も止まって動いてを繰り返し、というのはちょっとイライラするかも…? 3周ほど回すようですが、これも状況によって変わるようです(この辺りの適当さ加減がアメリカですね)。
チケットはオンラインでも購入できます。

<営業時間>(7月〜9月)
日〜木午前10時〜午後11時
金土午前10時〜午前12時

<営業時間>(10月〜6月)
月〜木午前11時〜午後10時
午前11時〜午前12時
午前10時〜午後10時
午前10時〜午後10時

<乗車料金>
大人$13
シニア$11
小人$8.50
3歳以下無料(要チケット)
VIP$50

シアトル大観覧車


オリンピック・スカルプチャー・パーク / Olympic Sculpture Park
マートル・エドワーズ・パーク / Myrtle Edwards Park
2901 Western Ave.
Seattle, WA 98121
206-654-3100
http://www.seattleartmuseum.org/visit/olympic-sculpture-park
厳密にいうとベルタウン・エリアになりますが、ウォーター・フロントの北端にある公園です。シアトル美術館の姉妹施設ですが、無料で入ることができます。屋外ならではの大きなスケールの展示物が特徴です。
マートル・エドワーズ・パークは、オリンピック・スカルプチャー・パークの先にある縦に長い公園で、全長約2キロ。海に面していて、ジョギングやサイクリングにぴったり。
どちらも素晴らしい景色が臨めます。わざわざ行く、というほどのところではないかもしれませんが、 天気がよければ、ウォーター・フロントの散策ついでにぜひ足を延ばしてみてください。ピクニックにもよさそうです。
オリンピック・スカルプチャー・パークオリンピック・スカルプチャー・パーク