ユニヴァーシティ・ディストリクト

ユニヴァーシティ・ディストリクトの街並み ダウンタウンから北東方向にバスで15分ほど行ったところに位置する ワシントン大学(英語ではWashington Universityではなく、University of Washingtonとなり、通称UWまたはU Dubと呼ばれています)は、 1861年創立の、西海岸では最古の大学。全米でも屈指の名門校でもあります。 現在のキャンパスは、280ヘクタール以上あり、学生たちは施設から施設への移動の際にはバスや自転車を利用します。
大学といっても、キャンパス内には博物館やギャラリーなど学生でなくとも気軽に立ち寄れるような施設がありますから、観光にもいいでしょう。
また、200以上あるという関連施設の中には、ゴシック風の建物など歴史を感じさせるものも多くあり、一見の価値があるのではないかと思います。
この辺り一帯はユニヴァーシティ・ディストリクトと呼ばれていて、学生が多く住んでいることもあり、スーパーマーケットや衣料品店、安くておいしいレストランなどがあります。 特に、The Ave(ディ・アヴ)と呼ばれているUniversity Way NE(ユニヴァーシティ・ウェイ・ノースイースト)という通りに店舗が集中していますから、 キャンパス以外でしたら、まずはこの通りを歩いてみるといいでしょう。

<ダウンタウンからの行きかた>
メトロバス ダウンタウンのトンネル・ステーション(どの駅でも可)から、71番(ウェッジウッド / Wedgewood方面行き)、72番(レイクシティ / Lake City方面行き)、 73番(コーウェン・パーク / Cowen Park、ジャクソン・パーク / Jackson Park方面行き) のいずれかのバスに乗り、 University Way NE & NE 41st St.(ユニヴァーシティ・ウェイ・ノースイースト & ノースイースト・フォーティファースト・ストリート)辺りで下車すると、 ワシントン大学のビジター・センターが比較的近くにあるのでよいのではないかと思います。ダウンタウンからの所要時間は15分程度です。


ワシントン大学ビジター・センター / Information and Visitors Center
4060 George Washington Lane NE
Seattle, WA 98195
206-543-9198
http://www.washington.edu/discover/visit
ワシントン大学のキャンパスはとにかく広大。キャンパス内を散策するのであれば、まずはここで地図をもらうとよいでしょう (地図はこちらでも見ることができます)。
事前に申し込みが必要ですが、学部生によるガイド・ツアーもあります。留学希望者は問い合わせてみては。

キャンパス内での見どころポイントは、赤レンガ敷きの広場セントラル・プラザ / Central Plaza(通称レッド・スクエア / Red Square)、 カモの憩いの場?の噴水ドラムヘラー・ファウンテン / Drumheller Fountain、大聖堂のようなデザインのスザロ図書館 / Suzzallo Libraryなどです。

<開館時間>
月〜金午前8時30分〜午後5時
土・日休館

<ダウンタウンからの行きかた>
メトロバス ダウンタウンのトンネル・ステーション(どの駅でも可)から、71番(ウェッジウッド / Wedgewood方面行き)、72番(レイクシティ / Lake City方面行き)、 73番(コーウェン・パーク / Cowen Park、ジャクソン・パーク / Jackson Park方面行き) のいずれかのバスに乗り、 University Way NE & NE 41st St.(ユニヴァーシティ・ウェイ・ノースイースト & ノースイースト・フォーティファースト・ストリート)で下車。 通った道を少し戻り、NE 41st St.(ノースイースト・フォーティファースト・ストリート)を左に曲がって15th Ave. NE(フィフティーンス・アヴェニュー・ノースイースト)に出ます。 キャンパスへ続く細い道(ヘンリー・アートギャラリーの横)が見えると思うので、そこから中に入ってください。


バーク自然史・文化博物館 / Burke Museum Natural History and Culture
17th Ave. NE & NE 45th St.
Seattle, WA 98105
206-543-5590
http://www.burkemuseum.org
1885年に創立されたアメリカ西部最古の大学博物館で、文化人類学関連のコレクションで知られています。 特に、北西部のネイティヴ・アメリカンによる工芸品類の展示が充実(エントランスにも複数のトーテムポールが設置されています)。 日本人にはあまりなじみがありませんが、生活に密着した数々の品から、自然に敬意を払いつつうまく共存している先住民族の文化をうかがい知ることができます。
自然史関連のフロアでは、マンモスの化石や恐竜の骨格模型などが見られます。 ここのハイライトは、恐竜の足の骨の一部。42センチと決して大きなものではありませんが、実はこれはワシントン州で初めて発掘された恐竜の骨なのです。
館内にはカフェが併設されています。展示を見た後は、18世紀のパイン材パネルがふんだんに使われたクラシックなインテリアの店内でひと休みしては。
チケット購入の際に、1ドル余分に支払うと、ヘンリー・アートギャラリーの同日の入場が無料になります。

<開館時間>
毎日午前10時〜午後5時(毎月第一木曜日は午後8時まで)

<入場料金>
大人$10(毎月第一木曜は無料)
62歳以上$8(毎月第一木曜は無料)
学生$7.50(毎月第一木曜は無料)
4歳以下無料

<ダウンタウンからの行きかた>
メトロバス ダウンタウンのトンネル・ステーション(どの駅でも可)から、71番(ウェッジウッド / Wedgewood方面行き)、72番(レイクシティ / Lake City方面行き)、 73番(コーウェン・パーク / Cowen Park、ジャクソン・パーク / Jackson Park方面行き) のいずれかのバスに乗り、 University Way NE & NE 45th St.(ユニヴァーシティ・ウェイ・ノースイースト & ノースイースト・フォーティファースト・ストリート)で下車。 通った道を少し戻り、NE 45th St.(ノースイースト・フォーティフィフス・ストリート)を左折し歩いて行きます。

バーク自然史・文化博物館


ヘンリー・アートギャラリー / Henry Art Gallery
4100 15th Ave. NE(15th Ave. NE & 41st.St.)
Seattle, WA 98105
206-543-2280
http://www.henryart.org
古めかしいレンガ造りの壁と現代的な白い壁が融合した外観のヘンリー・アートギャラリー。 1927年のオープン当時は全面レンガ貼りのゴシック様式の建物でしたが、1997年に拡張工事をした際にモダンなデザインが取り入れられました。 シアトルではめずらしい、コンテンポラリー・アートに特化したギャラリーで、約25,000点のコレクションを擁しています。 その中のひとつが、日本で個展を開いたこともある、光と空間を駆使したアートで知られるジェイムズ・タレル / James Turrell氏のスカイスペース / Skyspaceという作品。 円筒状の部屋のような空間で、ギャラリーの内部と外観にユニークな味を添えています。
特別展示では、国内外のアーティストによる革新的な作品をディスプレイ。「物議を醸すような」ものにも積極的に取り組んでいるそうです。
ギフトショップと、軽い食事がいただけるカフェが併設されています。
チケット購入の際に、1ドル余分に支払うと、バーク自然史・文化博物館への入場が無料になります。

<開館時間>
日・水・土午前11時〜午後4時
木・金午前11時〜午後9時
月・火休館

<入場料金>
大人$10(毎月第一木曜は無料)
学生・62歳以上$6(毎月第一木曜は無料)
13歳以下無料

<ダウンタウンからの行きかた>
メトロバス ダウンタウンのトンネル・ステーション(どの駅でも可)から、71番(ウェッジウッド / Wedgewood方面行き)、72番(レイクシティ / Lake City方面行き)、 73番(コーウェン・パーク / Cowen Park、ジャクソン・パーク / Jackson Park方面行き) のいずれかのバスに乗り、 University Way NE & NE 41st St.(ユニヴァーシティ・ウェイ・ノースイースト & ノースイースト・フォーティファースト・ストリート)で下車。 通った道を少し戻り、NE 41st St.(ノースイースト・フォーティファースト・ストリート)を左に曲がって15th Ave. NE(フィフティーンス・アヴェニュー・ノースイースト)に出ます (突き当りに“Henry Art Gallery”と書かれている壁が見えるはずです)。上部に架かっている歩道橋を渡ってもいいですし、 ギャラリー横の細い道からキャンパス内に入っていくこともできます。

ヘンリー・アートギャラリー