ダウンタウン

ダウンタウン 近代的なデザインのビルと趣きのある建物が混在するダウンタウンは、シアトルの中心部。 企業のオフィスが集まるビジネス街ですが、徒歩圏内に観光スポットがあり宿泊施設も多いので、 アメリカの多くの都市のように夕方になると閑散としてしまうこともなく、いつも賑わっています。 バスや電車などの公共交通機関の主要な駅はすべてここにありますから、郊外へのアクセスも容易。 初めてシアトルを訪れるのであれば、ダウンタウン中心にある宿泊施設にするとよいでしょう。
1st Ave.(ファースト・アヴェニュー)から、海に面したウォーター・フロントにかけては、 歴史を感じさせる建物が並びます。
買い物をするならPine St.(パイン・ストリート)を歩いてみましょう。デパートやモールが数軒あります。 また、5th Ave.(フィフス・アヴェニュー)や6th Ave.(シクスス・アヴェニュー)には日本でも人気のアパレル・ショップが。
ホテルは、4th Ave.(フォース・アヴェニュー)から、7th Ave.(セヴンス・アヴェニュー)に集中しており、中級ホテルから最高級ホテルまでランクもさまざま。
3rd Ave.(サード・アヴェニュー)はバス通りになっていて、生活に密着した小売店や施設が多く、地元の人々の生活を垣間見ることができます。
Olive Way(オリーヴ・ウェイ)からDenny Way(デニー・ウェイ)、 ウォーター・フロントから4th Ave.(フォース・アヴェニュー)にかけて広がる地域は ベルタウン / Belltownと呼ばれていて、モダンなデザインのコンドミニアム、おしゃれなレストランやバー、 ブティックなどが次々とオープンし、最近注目を浴びています。


パイクプレイス・マーケット / Pike Place Market
86 Pike Place
Seattle, WA 98101
206-682-7181
http://www.pikeplacemarket.org
シアトルに来たら必ず立ち寄ってほしいのがここ。100年以上の歴史を誇る公営市場、パイクプレイス・マーケットです。 迷路のように入りくんだこの市場には、ノースウェストでとれる新鮮な魚介類をはじめ、 地元農家から届けられた野菜や果物、アンティークや手作りの民芸品などを売る300以上の店舗がひしめき合い、 一軒一軒ゆっくり見ていたら丸一日かかってしまうかもしれません。週末ともなるとミュージシャンや大道芸人などのパフォーマンスがあちこちで行われ、 たくさんの人々でにぎわっています。
正面入り口は1st. Ave.(ファーストアヴェニュー)とPike St.(パイク・ストリート)の交差点付近。 “PUBLIC MARKET”の看板と大きな時計が目印です。この近くには小さなインフォメーション・ブースがあり、マーケットの地図や イベント情報などが載っている無料紙、Pike Place Market News / パイクプレイス・マーケット・ニュースが もらえます。各種パンフレットやクーポン類も手に入るのでチェックしてみてください。
観光客に人気があるのは、「魚を投げる」パフォーマンスで有名な“Pike Place Fish Market”やスターバックスの一号店ですが、 そのほかにも見ているだけで楽しいお店がたくさんあります。ほとんどが屋内なので、雨の日でも大丈夫。 お昼〜午後3時くらいまではかなり混雑しますが、マーケット全体が一番活気のある時間帯でもあります。
年間900万人が訪れるこのマーケットはシアトルを代表する観光スポットといえるでしょう。

<営業時間>※店舗により異なります。
月〜土午前9時〜午後6時
午前11時〜午後5時

<パイクプレイス・マーケットのツアー>
マーケット関連のツアーがいくつかあります。興味のある人は、前述のインフォメーション・ブースで問い合わせてみてください。

マーケット・ヘリテイジ・ツアー / Market Heritage Tours
パイクプレイス・マーケットの歴史が学べる約1時間のツアー。大人$19、65歳以上と11〜17歳の子どもは$17、 6〜10歳の子どもは$14。チケット料金は、事前に購入するとそれぞれ4ドル割引になります。
マーケット・ゴースト・ツアー&エスプレッソ / Market Ghost Tours & Espresso
何とパイクプレイス・マーケットは、幽霊が出ることでも有名ならしい…マーケットの歴史を、「出る」スポットを巡りつつ学ぶ75分の
ツアーです。 夕方〜夜間のスタートで、チケットは$16.50。


シアトル美術館 / Seattle Art Museum
100 University St. (1st. Ave. & University St.)
Seattle, WA 98101
206-654-3100
http://www.seattleartmuseum.org
“Hammering Man”(ハマリング・マン)と呼ばれる巨大なオブジェが目印のシアトル美術館 / Seattle Art Museumは、 その名前の頭文字をとって“SAM”という愛称で親しまれています。 世界中から集められたコレクションは2万点以上あり、ノース・ウェストのアーティストの作品や、ネイティヴ・アメリカンに関連した作品など地元に密着した展示物も多数見られます。 2007年に拡張工事が行われましたが、建物自体はあまり大きくないので、全部見てもあまり時間はかからないのではないかと思います。
アートを堪能した後は、併設されているレストランで食事やお茶はいかがでしょうか。 SAMのオリジナル・グッズが手に入るギフトショップも忘れずにのぞいてみてください。
ちなみに、キャピトル・ヒルにあるシアトル・アジア美術館ウォーター・フロント端にあるオリンピック・スカルプチャー・パークは、この美術館の姉妹施設です。 興味がある人はそちらもチェックしてみてくださいね。

<開館時間>
水・土・日午前10時〜午後5時
木・金午前10時〜午後9時
月・火休館

<入場料金>
大人$19.50 (毎月第1木曜日は無料)
62歳以上$17.50 (毎月第1木曜日は無料)
13〜19歳、学生$12.50 (毎月第1木曜日は無料)
12歳以下無料

シアトル美術館

コロンビア・センター / Columbia Center
701 5th Ave. (Columbia St. & 5th Ave.)
Seattle, WA 98104
206-386-5564
http://www.skyviewobservatory.com
ワシントン州で一番高い、約290メートル、76階建てのビル。普通のオフィスビルなのですが、73階に展望フロアがあります。 360度ぐるっと見渡せるようになっている展望フロアからは、近隣のビル群だけでなく、スペース・ニードル、カスケード山脈の山々などを見渡すことができます。 単に景色を楽しむということならば、スペース・ニードルよりもいいかもしれません。晴れた日の夕暮時がおすすめです。

<営業時間>
毎日午前9時〜午後10時

<入場料金>
大人$14.25
55歳以上、6〜12歳、学生$9
5歳以下無料
コロンビア・タワー

シアトル中央図書館 / Seattle Public Library - Central Library
1000 4th Ave. (Madison St. & 4th Ave.)
Seattle, WA 98164
206-386-4636
http://www.spl.lib.wa.us/locations/central-library
ガラスと鋼鉄で作られた未来的な外観が特徴の図書館。内装も図書館とは思えないアーティスティックなもので、オープン当時かなり話題になりました。 約145万もの本やメディアを収蔵し、コンピューター・ラボなどの施設も充実。
図書館を観光スポットとして紹介するのもおかしなものですが、中にはギフトショップやカフェもあるので、本を借りる予定がない人も行ってみては。
ちなみにこの図書館、2013年に本を使用したドミノ倒しを行い、世界記録を達成したことでさらに知られるようになりました (残念ながらその記録はその後破られてしまったらしい)。その様子はユーチューブで見ることができます。
https://www.youtube.com/watch?v=Np450xMSncE

<開館時間>
月〜木午前10時〜午後8時
金・土午前10時〜午後6時
午後12時〜午後6時
シアトル中央図書館