アメリカ基礎知識とトラベルヒント シアトル基礎知識とトラベルヒント 交通機関について 観光スポット レストラン ショッピング
宿泊施設 エンターテイメント コーヒー豆知識 旅の英会話 ダウンタウン・マップ リンク

シアトルには、本格的なコーヒーが味わえるカフェがたくさんあります。
種類が豊富なので、いろいろ試してみて自分のお気に入りのものを見つけてくださいね。

1971年、パイクプレイス・マーケットに 世界的なコーヒー・チェーンであるスターバックスが1号店を開業して以来、シアトルズ・ベスト・コーヒー(現在はスターバックス傘下)や タリーズ・コーヒー、そして多くのインディペンデント系カフェ(個人経営で一店舗のみ、多くても2、3店舗しか支店を持たないカフェのこと)が次々とオープンし、 シアトルはまたたく間に「コーヒーの街」となりました。
コーヒーの消費量が全米一といわれることもあるほど、シアトルの人々はコーヒーが大好き。街を歩けば、1ブロックに最低1店舗はカフェがあるといっても過言ではありません。
なぜこんなにもコーヒー文化が根づいたのかはっきりしたことはわかりませんが、「気候」が理由の一つとしてよくあげられています。 シアトルは雨季が長いので、屋内で過ごす時間がどうしても多くなりがち。憂うつな時期を少しでも気分よく過ごすために コーヒーに凝るようになった、というわけです。ちなみにシアトルには読書好きな人も多いのですが、これも同じ理由かもしれません。 また、突然雨が降ってきてもカフェがあれば気軽に雨宿りできるし、コーヒーを飲むことで冷えた体も温められる…というところでしょうか (※実際はコーヒーは体を冷やす飲み物だといわれていますが)。

Photo: Nguyen via photopin cc

そして、そんなシアトル発のカフェが進出したことで、日本でもカフェ・ブームが起き、カフェ・ラテやカプチーノなどの名称もすっかり市民権を得た今日この頃。
毎日飲みながらも、「ラテってカフェオレどう違うの?」「カフェに行くといろいろな種類のコーヒーがあるけどそれぞれの特徴は何?」などと思ったことはありませんか?
このページではそんな疑問を解消?したいと思います!

<コーヒーとエスプレッソ>
まず、もとになるのはもちろんどちらもコーヒー豆ですが、浅煎りのコーヒー豆をドリップ式など抽出したものがコーヒーと呼ばれます。
カフェオレとは、このコーヒーとミルクを半々の割合で同時にカップに注いだ、フランス生まれの飲み物のことです。
エスプレッソは、深煎りしたコーヒー豆をエスプレッソ・マシンなどで圧力をかけて抽出したもの。コーヒーよりも濃厚な感じです。
シアトルのカフェでは、このエスプレッソをベースにしたさまざまな飲み物が楽しめます。以下にその中の代表的なものを記しておきます。
※カフェにもコーヒーはありますし、ホテルの朝食などでサーヴされるものは、エスプレッソではなくコーヒーであることが一般的です。

<エスプレッソのバリエーション>

コーヒー豆コーヒー
浅煎りの
コーヒー豆を
ドリップ式
などで抽出。
カフェオレ
コーヒーとミルクを半々に入れたもの。
カフェオレ
エスプレッソ
深煎りの
コーヒー豆を
エスプレッソ・マシン
などで抽出。
ラテ
エスプレッソに、多めのスティームミルク(温めた牛乳)と
フォームミルク(泡立てた牛乳)を入れたもの。
シアトル、といえばラテ、というくらいポピュラーな飲み物。
ラテ・アート / Latte Artといって、フォームミルクに絵を描いて出してくれる
カフェもあります。
ラテ
モカ
エスプレッソに、チョコレートシロップ、スティームミルク(温めた牛乳)を
のせたもの。
さらにその上にホイップ・クリームがのっている場合も
(そうでなければ“Whipped cream?”と聞かれるのが普通です)。
とにかく甘く、クリームをのせると腹もちも結構よいので
疲れた時や小腹がすいた時にはおすすめ。
モカ
カプチーノ
エスプレッソに少量のスティームミルク(温めた牛乳)と
フォームミルク(泡立てた牛乳)をのせたもの。
上にシナモン・パウダーがかかっていたり、シナモン・スティックが
添えられていたりすることもあります。
カプチーノ
マキアート
エスプレッソの上にフォームミルク(泡立てた牛乳)をのせたもの。
定番のアレンジとして、キャラメル・フレーバーのシロップをのせた
「キャラメル・マキアート」があります。
マキアート
アメリカーノ
エスプレッソをお湯で薄めたもの。
いわゆるアメリカンですね。
アメリカーノ

上記以外でもいろいろなバリエーションがあり、材料の割合や入れる手順が異なるだけで違う名前の飲み物になってしまうこともあります。

<カップのサイズ名称>
日本でもアメリカでも飲み物のサイズは、S(スモール)、M(ミディアム)、L(ラージ)…となっているのが一般的ですが、 スターバックスやタリーズ・コーヒーなどの一部のチェーン系カフェでは違う名称を用いているところがあり、慣れないと非常にわかりにくいです。
また、容量自体も大きめで、一番小さいサイズでも思ったより大きかった…ということにもなりかねませんので、注文の際は注意しましょう。

SMLXL
日本の標準的なカップ容量150〜180ml210〜270ml270〜360ml
スターバックスの
サイズ名称と容量
Short(ショート)
8オンス
約240ml
Tall(トール)
12オンス
約350ml
Grande(グランデ)
16オンス
約480ml
Venti(ヴェンティ)
20オンス
約590ml
タリーズ・コーヒーの
サイズ名称と容量
Short(ショート)
8オンス
約240ml
Tall(トール)
12オンス
約350ml
Grande(グランデ)
16オンス
約480ml
Veinte(ヴェインテ)
20オンス
約590ml

※コーヒー以外の飲み物や、コーヒーでもアイスだと氷の分があるので使用カップサイズが異なることがあります。

<そのほか>

<エスプレッソショット数>
ショットというのは、ベースとなるエスプレッソの杯数のことで、多ければ多いほどエスプレッソの味が濃くなります。 注文の際はあえていわなくてもいいと思いますが(サイズが大きいコーヒーだと聞かれるかもしれません)、こだわりがある人は指定するといいでしょう。
1ショットは「シングル」、2ショットは「ダブル」、3ショットは「トリプル」といいます。

<シロップ>
コーヒーにフレーバーをつけたい時は、シロップを入れることができます(かき氷のシロップみたいなものです)。 シロップにはミント、ラズベリー、キャラメル、ヘーゼルナッツ…などいろいろな種類があります。 人気のある組み合わせてとしては、ラテ + バニラシロップ、モカ + ミントシロップ、マキアート+キャラメルなどがあります。

<ミルクの種類>
特に何もいわなければ普通はホールミルク / Whole Milk(全乳)が使用されますが、 ノンファットミルク / Non Fat Milk(無脂肪牛乳)やソイミルク / Soy Milk(豆乳)などを入れてもらうこともできます。 ちなみに、ノンファットミルク / Non Fat Milk(無脂肪牛乳)または脱脂粉乳 / Skim Milkを使用したコーヒーのことを スキニー / Skinnyと呼びます。

<カフェイン>
コーヒーは好きだけど、カフェインはとりたくない、という人のために、たいていのカフェではディカフ / Decaf(カフェイン抜きのコーヒー)が用意されています。 これでラテやモカなどもオーダーできます。

こうやって読むと、カフェでコーヒーを注文することはとても面倒くさいことのように思えますが、 注文する時は、基本的にはサイズと種類だけ伝えれば大丈夫です。そのほか必要なことがあればバリスタ(カフェでコーヒーを淹れる人の名称)側から聞いてくると思いますので… 注文したものを店で飲むか持ち帰るか(“For here or to go?”)という表現は知っておいたほうがいいでしょう。
また、持ち帰る場合、お店によっては注文時に名前かイニシャルをたずねられることがあります。オーダーを間違えないようにカップに記入するためなのですが、 知らないとびっくりするかもしれません。

HOME